目黒碑文谷 安斎治療室 三代目 東宝特撮図鑑

東宝特撮図鑑

東宝特撮図鑑よりピックアップしました。

IMG_5178.jpg



造型師の方、造型中です。
gojira tokusatu 2



ラドンです。これだけのジオラマ製作して最終的に破壊されてしまうのはもったいないですね。
gojira tokusatu 3



着ぐるみの中は中島春男さんです。この頃流行ったおそ松くんのシェ~!のアクションやってましたね。
gojira tokusatu 4

gojira tokusatu1



平成ゴジラです。着ぐるみが100キロ~200キロあったとか なので昭和ゴジラより軽快な動きができなかったような‥‥
世田谷区の東宝特撮プールですね。
gojira tokusatu 5








関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます!

僕のブログにたまに出てくる友人の
ホジオくんがこういった物のコレクターで
骨董品店などに行き買い漁ってるらしいです。
ラドンはウルトラQでしたっけ?
白黒のイメージが付いてて懐かしいです。
ウルトラマンからカラーになりましたよね。
最近のゴジラはCGたっぷりなんで見ていて
凄いとは思いますが、
糸やワイヤーが見栄隠れする
特撮の方が僕は好きですね。
これも昭和男の悲しいとこですかね(ToT)

ユタカ様コメントありがとうございます😊
ホジオさんも好きなんですね(^^)
私の弟も好きでして、ウルトラセブンの12話を欲しがっているほどです。内容的には被爆星人が出てくるお話しで、被爆した方達から反対があり、レンタルビデオなどにはありませんので幻の12話となりました。
ホジオさんなら知っていると思います。
今度、メンコとかアップしますね(笑)

No title

お宝なのですね~ ウルトラセブンの12話ってのは…
知らないで捨てちゃった人もいるのではないでしょうか? 後で知って悔やんでいる方もおいででしょう…

T様コメントありがとうございます😊
ウルトラセブンの12話は現在ユーチューブで英語版が見れますが、消されたりまたアップしたりのイタチごっこらしいです。
おそらくDVD化はされてないかと思います。
一時期ビデオのコピーでも数万円だったとの話です。

安斎さん こんばんは

待ってました!
安斎さんの特撮シリーズの記事、怪獣の画にはいつも心躍ります(^_-)-☆
私も未だに書店や図書館で特撮怪獣ものの書籍があれば必ず目を通します。

私のゴジラ初体験は「キングコング対ゴジラ」(1962)です。
今回の安斎さんの記事でもゴジラの着ぐるみが紹介されてますが
この映画のゴジラの着ぐるみは相手がコングを意識したのか
アメリカナイズされて小顔でマッチョでホントにカッコよかったです。
安斎さんの以前の画でこの映画撮影時の円谷監督とのツーショットをリアルに描かれてましたね(^_-)-☆
でも私の記憶ではこの着ぐるみはこの一作のみで次回作の「モスラ対ゴジラ」では顔デカの日本人体型に戻ってました(^-^)

この「キングコング対ゴジラ」以前からリメイクの話があったそうですが
2020年公開に向けて動き出したようですね。不安と期待が半々です(^_-)-☆

それとベタですが「空の大怪獣ラドン」は私の東宝特撮怪獣映画ではベストワンです。
安斎さんの記事のラドンのミニチュアセットはほんとにリアルですね。
クライマックスのあのたたみかけるようなスペクタクル。
特にラドンの衝撃波で西海橋が崩れ落ちるシーンは今見返しても凄いの一言!

長々とすみません。
また次回の関連記事楽しみにしています(^_-)-☆

Jinどろ

JIN様コメントありがとうございます😊
JIN様のコメントからJIN様はゴジラにはかなり詳しいかと思います(^^)
キンゴジは1962年の私が生まれた年での公開でもありますし、私も好きなゴジラでトカゲ顔で腕も太く平成ゴジラみたいでカッコイイです。モスゴジは私もあまり好きではないです。痩せていて目がギョロギョロとしていて…
ラドンですが、ラドンだけで出てくるのは見た事がなく、機会があればと思います
モスゴジ以降は東宝マンガ祭りとかのアニメを交えての数本立でゴジラのフォルムは最悪でした(笑)
キングギドラが出てくるとゴジラは良い怪獣、普段は悪い怪獣… 子供ながら複雑な気持ちでした。
シンゴジラも観ましたが、もっと俊敏な動きが見たかったですがエバンゲリオンの監督なので、ゴジラが進化する、なかなか今までにはない内容でした^_^
ちなみにゴジラのガシャポンは全種類もってます(笑)
マニアックなコメントありがとうございました。
またゴジラのお話ししましょう。(^^)

こんばんは
ラドンの街のジオラマ、精密でデカイですねー
たしかにこれは破壊するのもったいない‼
ウルトラシリーズですと、リアルタイムでは見てませんがウルトラQの街のジオラマは本当によくできてましたよね。次のウルトラマンでだいぶビルなど簡略化されて、セブンにいたっては市街地戦が数話しかない上に、ビルというより箱が並んでるという感じでしたねー
この頃の作品はスタッフの熱気が伝わってきますから、やはり予算と時代背景なんでしょうねー
ラドンはレンタルして観たくなりました(^^)

従兄弟殿コメントありがとうございます。
そー言われれば、セブンのジオラマは適当だったよーな…
あと、人間サイズのセブンだとジオラマは必要ないしね〜
メトロン星人とダン隊員がちゃぶ台で話し合ってたり、アンヌ隊員が襲われそうになったり人間サイズの宇宙人が多かったよ〜な…
セブンと闘った怪獣ってパッと出てくるのはエレキングぐらいかな…
私 世代は次の帰ってきたウルトラマンはまったくわからずで、ウルトラQをリアルタイムで見れたのが良かった!╰(*´︶`*)╯♡
また懐かしいのアップします。(^^)
sidetitleプロフィールsidetitle

安斎治療室

Author:安斎治療室
1962年生まれ男性
1986年花田学園卒
(日本鍼灸理療専門学校) 
同年あん摩、マッサージ、
指圧、鍼、灸、国家資格取得
サッカー歴45年

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR