目黒碑文谷 安斎治療室 三代目 洗足池の生物(またセミくんあり) (笑)

洗足池の生物(またセミくんあり) (笑)


日本ヒキガエルのペア?親子?  たぶんペアでしょう 東京にはほとんどこの種類しかいません。
いつもここにいます!(^^)!

アズマヒキガエルという似ている個体がいますが、私には区別がつきません(^^ゞ
FullSizeRender (12)

FullSizeRender (9)

アウトローなヤツ!
FullSizeRender (11)



クサガメです 写真がピンボケですねー  これかなり大きい個体すが本来は外来種です 図鑑などには固有種みたいに出てますが 元々日本の固有種は二ホンイシガメが有名です。

FullSizeRender (10)



そしてまたまたセミくんの孵化で前回よりキレイに撮れたのでアップします。
ちなみに私のブログはセミのブログではありません(笑)

FullSizeRender (4)

FullSizeRender (5)

FullSizeRender (6)

FullSizeRender (7)

FullSizeRender (8)

IMG_8302 (1)

IMG_8303.jpg

羽根が茶色くなってきました!
IMG_8342.jpg


日本ヤモリ…⁇
IMG_8332 (1)

IMG_8334 (1)


参考までにクサガメとイシガメの違いです
クサガメです
IMG_8369.jpg


二ホンイシガメです
FullSizeRender (2)


FullSizeRender (13)


あと国有種はアオダイショウがいますが、出会えませんでした。

池には鯉、実は鯉も外来種です。あと1メーターオーバーの草魚。これも中国からの外来種です。
中国四大魚、草魚、ハクレン、コクレン、青魚 ですが、青魚は最大160㎝以上もあり、日比谷公園に見に行きました。
めちゃくちゃ大きかったです!!!

洗足池の管理人さんが外来種の危険度が高い生物を駆除してます

アリゲーターガー カミツキガメ  ワニガメ  アメリカザリガニなど…
皆さん責任持って最後まで飼いましょう!!!

管理人さん
ご苦労様です(+_+) 




















関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます!

カエルも触れないんです!たとえ小さなアマガエル
でさえ(@_@;)
安斎さんは何でも平気で触れそうですね。
そんな感じがします💦
トカゲに蝉も絶対無理ですww
カメは何とか触れますが臭いですよねー(笑)
自然の生き物が大好きなんですねー(^з^)-☆

ユタカ様コメントありがとうございます

そーですね。私はグリーンイグアナ2匹飼ってまして1メートル近くありました。
2/3が尻尾ですが
樹上生活なので尾が長くバランスをとっているのです。
部屋に木を横にしてそこに出しっぱなしでした。つかまったまんまおとなしいです。
最終的にはカミさんがイヤだと言ってお客様の知り合いが上野動物園にいまして、泣く泣く引き取ってもらいました。
ユタカ様が普通なんですよ(^^)
でも私も突然蛇が出てきたら触れませんよ〜〜(笑)



また話し変わりまして、突っ込み本に
スペシウム光線は右手と左手が各プラスとマイナスの電極になっていて、プラスとマイナスをクロスさせると光線が前方に飛んでいく子供達からしたら心ときめくような技…?どころか、ビビビ〜〜!と自分がショートして感電死!戦わずして怪獣の勝ちらしいです。
怪獣に抱きついて手をクロスさせて自爆テロみたく、一緒に感電死させるしかないですね(笑)

No title

スペシウム光線とはそう言うものなのですね…なーるほど…
だから感電しないようにウルトラマンはゴムみたいなスーツだったんですね~ 妙な納得……

Tさまコメントありがとうございます

今度、特集でも作りたいですね〜(笑)

No title

か、カエルでかそう…!
茶色いカエルは触れません〜(><;)
アマガエルなら可愛いけどv

セミの羽化…ほんと自由研究にほしいような
素敵な写真…!(一応虫の写真いろいろ撮りました)
そして羽化したての蝉の顔ってけっこう可愛いじゃないですか。

ヤモリの顔も可愛いと思います!
山口のご婦人たちがヤモリのことを「かべちょろ」と呼んでました。
これって全国共通?

ぴょん吉様 おはようございます
コメントありがとうございます😊
山口は動物がいろいろで楽しそーですね〜
下関は毎年カミさんとセガレが行ってますよ〜〜
私は仕事で行けませんが。
茶色のヒキガエルは私も触りません
危険になると少し毒を出すらしいので…
しかし宿題だらけで大変ですね〜💦
のんびりつーより 宿題優先ですからね(笑)
カベチョロは初耳です(^ ^)
たしかに 壁をチョロチョロしてるから
納得!(笑)
自由研究や絵に使えるなセミ使ってください。材料があれば無理せずに
東京は自然がなくて私にとってはちょっと物足りないですね…

ちなみに 草ガメの子供は正確に言うとゼニガメとは言わず、イシガメの子供をゼニガメと言うそうです。

いつもブログ拝見してるとみなさん絵が上手く感心してます。(^ ^)
sidetitleプロフィールsidetitle

安斎治療室

Author:安斎治療室
1962年生まれ男性
1986年花田学園卒
(日本鍼灸理療専門学校) 
同年あん摩、マッサージ、
指圧、鍼、灸、国家資格取得
サッカー歴45年

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR