目黒碑文谷 安斎治療室 三代目 緑内障を察知
FC2ブログ

緑内障を察知

緑内障(開放隅角緑内障) は目と脳をつなぐケーブルの役目をしている視神経の繊維が減っていく病気で徐々に視野が欠けていきます。
目が見えていた人が突然見えなくなってくる!!大変なことです。 そこで

緑内障チェックリスト
①前に比べて何となく見えにくくなった (1点)

②歩いているときに人や物にぶつかる (1点)

③40歳以上である(1点) OR 60歳以上である(2点)

④兄弟姉妹が緑内障である (2点)

⑤親が緑内障である (3点)

⑥近視である(1点) OR 強度近視である(2点)

⑦偏頭痛がある (1点)

①~⑦の合計が6点以上の人は緑内障のリスクがあり、眼科で検査を受けた方が良いでしょう。

※ほうれん草やレタスなどの青菜類を毎日食べるとリスクが減るとゆう研究結果が出ています。

あと健康食品のカシスに含まれるカシスアントシアニンは、神経へのダメージを抑え、視野障害の進行を抑える研究結果が出ています。


参考文章 週刊ポスト
 
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

安斎さん こんにちは…

先日は、貴重な技法をご披露いただき、ありがとうございました。いかほどのドライさかはよーく分かりましたが…筆の持ち方や持つ場所、また筆先だけを塗装面に接触させながら素早く動かす技術は相応な時間を要しそうです。筆を手にしてゆすってみましたが、ちっともスムーズじゃありません。実験しながらトライしてみます。
今後もよろしくお願いいたします。

蛇足ながら、私は眼圧が高く、毎年の健康診断で緑内障の疑いあり…とされて再検査(視野等)を受けさせられます。結果は大丈夫なのですが…今年もぼちぼち健診行きます。

No title

G様、
T県の方の絵は疑いの余地もなくトレースです。
桐谷美玲の鉛筆画からトレースと確信してましたが、私のトレース画では足元におよびません。しかしいろんな方もトレース画が多いですよね。
問題はT県の方がフリーハンドでどれぐらいのデッサン力があるか??ですよね。
あとはトレースをどうとるか??ではないでしょうか?
2通りあると思います。
★デッサンができるのに、面倒くさいからはぶいてしまう。
★トレース画しか描いたことがない
後者は私もあまり認めたくないです。
な~~んか難しいです。


まさにT県の方はトレース+同じサイズの用紙ですよね。
G様、同じサイズの用紙、良いと思いますよ。
私はフリーハンドはアバウトで写真サイズを見ながらA4です。
なぜA4かとゆうとクリアファイルにしまっておけるからです。
ただそれだけの理由です。
むかし描いた大きい油絵など、天井裏でもう お目にかかれないかもです。(笑)

しかしG様 精力的です。T県の方を負かして頑張ってください。

こちらは今 模型にどっぷりです。

安斎卓

Tさん先日はごちそうさまでした。
ドライブラシより眼圧をご自愛ください。(^_^;)
安斎卓
sidetitleプロフィールsidetitle

安斎治療室

Author:安斎治療室
1962年生まれ男性
1986年花田学園卒
(日本鍼灸理療専門学校) 
同年あん摩、マッサージ、
指圧、鍼、灸、国家資格取得
サッカー歴45年

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR