目黒碑文谷 安斎治療室 三代目 早起きで寿命が縮む  その1
FC2ブログ

早起きで寿命が縮む  その1

英オックスフォード大学の睡眠、概日リズム神経科学研究所の名誉研究員 ポールケリー博士の研究とデータです。

朝早く起きることは拷問に等しい!そんな研究発表です。

世界中のあらゆる人達の睡眠パターンを分析して、年齢層ごとの推奨すべき起床時間と起床後の活動開始時間を、はじき出しました。

個人差はあるものの、起床時間、活動開始時間

青年期 15~30歳   朝9時起床    活動開始時間  11時

壮年期、中年期 31~64歳   朝8時起床   活動開始時間   10時

高年期  65歳以上  朝7時起床    活動開始時間   9時

が最適となります。

6時前に起きる事は本来あってはならないことです。

これまでの研究結果から早起きで起こりうる病気の数々の中には、メタボリックシンドローム、糖尿病、高血圧、重篤な病気であれば心筋梗塞、脳卒中、心不全などの循環器疾患、HPA(視床下部ー脳下垂体ー副腎皮質)機能不全による うつ病などが判明してます。

上記の疾患は早起きの人の方がリスクが高いということです。

■まあ~ 働いている限り なかなか実行は難しいですが (笑)

参考記事 週刊現代

その2へ続く
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

安斎治療室

Author:安斎治療室
1962年生まれ男性
1986年花田学園卒
(日本鍼灸理療専門学校) 
同年あん摩、マッサージ、
指圧、鍼、灸、国家資格取得
サッカー歴45年

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR