目黒碑文谷 安斎治療室 三代目 早起きで寿命が縮む  その②
FC2ブログ

早起きで寿命が縮む  その②

早起きのせいで病気にかかりやすくなる。

ケリー博士によるとその原因は

■人体の体内時計のズレ

にあるという。また体内時計は

■概日リズム

と呼ばれる

体内時計は人体のあらゆる部位に存在します。
例えば脳の視交叉上核という場所に体内時計が備わっていますが、早起きすることによって、これがズレてしまうと著しく脳の機能が低下します。
すると集中力や記憶力、コミニュケーション能力などが著しく減退してしまうのです

ハーバード大学医学部において 
A 朝から夕方までの勤務シフトで働く医者
B 昼から夜までの勤務シフトで働く医者
の両者の比較では A は B に比べると集中力の欠如が見られ医療ミスが36%も増加したという。

世界のIT企業グーグルは、とりわけ社員の能力と睡眠の関係性を重要視している企業の1つであり、フレックスタイムを導入しているグーグルは社員が自由に出社、退社時間を決められるようにしている。

その3へ続く
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

追記ですが、職種や通勤時間が2時間かかる。家族の朝食を作る主婦など、実際には無理な事でしょう…
私が言いたいのは、出来る限りと言う事です。実際に私自身 朝8時に見えるお客様もいます。朝食、掃除などありますから、
早起きしないといけないですから、ゆっくり起きるなんてできません。(笑)
安斎卓

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
sidetitleプロフィールsidetitle

安斎治療室

Author:安斎治療室
1962年生まれ男性
1986年花田学園卒
(日本鍼灸理療専門学校) 
同年あん摩、マッサージ、
指圧、鍼、灸、国家資格取得
サッカー歴45年

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR