目黒碑文谷 安斎治療室 三代目 キーパーがボールと勘違いしたもの
FC2ブログ

キーパーがボールと勘違いしたもの

ドイツ・ブンデスリーガの試合。
マインツのゴールキーパー、ロビン・ツェントナー(Robin Zentner)がしでかした世紀の珍プレーが話題に。

味方に蹴ろうとしたボールは自分の後ろにあるのに、何かをボールと勘違いして蹴ろうとして空振り。
完全に見失っています。
ペナルティースポットをボールと間違えた事は自分を含めて過去に見たことがないです。(笑)

ゴールキーパー

Funniest Goalkeeper Moment of the Year

 
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

最初のタッチで、止めたつもりだったのでしょう。
足元のペナルティーキックの白マークを視界の片隅でボールと思っていたのでしょうが、パスが遅すぎましたね……いくらも味方はいたのに……あそこまで探す慎重さがあるのに足元がルーズでした。冷や汗かいたことでしょう。
面白かった~

T様コメントありがとうございます
よくライン引きはやりまして、結構難しかった記憶があります。タッチラインやゴールラインはコーナーフラッグだけを見て真っ直ぐ歩き線を引くが基本でした。
昔はペナルティースポットにバッテンを描いたような記憶があります。
昔はほとんど土のグラウンドでペナルティースポットなど消えてしまってたような…
何ゲームもやる試合会場は途中でラインをまた描きたしてたような…
すみませんでした話しがそれてしまいました(^_^;)

おはようございます!

いつもの感じで蹴ろうとしたのでは!?
それともアホな宇宙人が
世界征服を企てて、ボールをコントロールしたのでは?(爆笑)

ユタカ様コメントありがとうございます
ボールを消してしまうマジックとかできたら引田天功みたいですよね。(笑)
sidetitleプロフィールsidetitle

安斎治療室

Author:安斎治療室
1962年生まれ男性
1986年花田学園卒
(日本鍼灸理療専門学校) 
同年あん摩、マッサージ、
指圧、鍼、灸、国家資格取得
サッカー歴45年

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR